本日開催予定であった競技説明会での説明予定事項及びデュアスロン協議への変更に伴う情報をお知らせしますのでご確認をお願いいたします。

〇レース全体に関して
・デュアスロンへ変更いたします。
・スプリントディスタンス:第1ラン2.4km バイク17km ラン3.5km
 オリンピックディスタンス:第1ラン2.4km バイク40km ラン10km
※ただし、天候によっては競技距離の短縮等あり

〇受付・競技説明に関して
 ※台風接近のため、6月16日(土)の競技説明会は大会当日6月17日(日)7時トランジションエリアで実施します。(出席必須)
  なお、受付は6月16日(土)12時00分から17時00分までロワジールホテル3Fで実施します。

〇6月17日(日)スケジュール
6:00 当日受付開始:前日受付の方も必要です。(計測チップ配布)
7:00 競技説明会:トランジション横、龍柱前
7:55 開会セレモニー:スタートライン(龍柱横)に集合
8:10 スプリントスタート(8:12オリンピック① 8:14オリンピック②)
12:10 全競技終了
12:30 表彰式

【競技説明:トランジション図は最下部参照】
〇スタート
・トランジションセット完了 レースナンバー・計測チップ装着済みで集合

〇第1ラン:全種目共通
 ・泊大橋頂上折り返し
 ・後半(泊大橋すぎ→折り返し→トランジション入口)左側通行のこと
  (トップ選手がバイクで同コース通過のため:バイクは右車線通行のこと)

〇トランジション
まずはヘルメット着用
→バイクを押して乗車ラインまで:周りをよく見て、譲り合うこと
→乗車ライン(マウントライン)から乗車:乗車後合流時は右後方確認のこと
・リレーは第2走者がヘルメット着用で待機
〇バイク
・泊大橋
→強風に注意
→大橋途中に継ぎ目あり:継ぎ目の上はブレーキをかけず、まっすぐ通過のこと
→下りはスピードが出るので、往復とも十分注意(帰りは下り後すぐに左直角コーナー)
・折り返し手前、龍柱すぎから折り返しの間に陥没ポイントあり。走行注意
・コース幅が狭いため、追い抜きの際の後方確認と追い越しの際の声掛けを徹底のこと
・バイクトップ選手は1周目、第1ランに追いつく可能性あり、右側車線通行のこと
・パラ選手が走ります。聴覚障害の選手もおられます。無理な走行は絶対にしないこと。
・降車ラインは計測ポイントすぎ。降車ライン手前で足を地面につくこと。
  →降車後はバイクをラックに掛けるまでヘルメットストラップを外さないこと。
 
〇トランジション
 ・バイクは後から来る方のことを考えてかけること。
・トランジション内は焦らずゆっくり移動すること

〇ラン
 ・若狭交差点から橋の上1kmほど歩道通行。追い越しは声をかけて譲り合うこと。
  →車いす選手も通ります。
 ・歩道終了直前、サラダボウル裏駐車場入り口前の歩道に大きな段差あり
 ・ビーチホテル前の誘導路は誘導員の指示に従うこと
 ・交互通行場所は左側通行で譲り合うこと
 ・エイドステーションは紙コップもしくはペットボトルです。
→必ずゴミ袋に入れてください。
 ・フィニッシュ前、ペナルティボックスを必ず確認すること。
→「x2」は2回分です。

〇フィニッシュ
 ・サングラスを外し、レースナンバーを前面へ整えること
 ・チップを必ず返却すること
 ・表彰対象の確認をすること→対象の方で早めに帰る方は連絡を。

〇フィニッシュ後
 ・トランジション途中、神社付近を通ります。
  上半身裸で街中を歩かないこと
 ・バイク引き取りは11時ごろ、バイク最終走者通過、走者数確認後開始します。

〇チップの扱い方
 紛失時:気付いた時に近くの審判員へ申告
 リタイア時:必ず審判へ申告し、審判へチップを渡す。
 万が一、渡し忘れた場合は気付いた時に事務局へ連絡のこと。

〇荷物の管理
 トランジションエリア内に置いてください。

〇その他
 ・JTUエイジポイントランキングのポイント付与はありません。(条件を満たさないため)
 ・絶対に無理をしないこと、一瞬の心の余裕が事故を防ぎます。
 ・トライアスロンの普及、発展のために、審判員、ボランティア、市民の方々へ感謝の気持ちを忘れずに、また、それらの方々とともにレースを楽しんでください。

以上

注意事項

競技規則

参加者への会場案内